京都で400年以上続く老舗料亭・瓢亭の15代目主人、高橋氏が、竹本油脂の太白胡麻油を使ってつくった「柚子あぶら」。
真冬に収穫した完熟の黄柚子のみを使用し、試行錯誤を重ね、よりピュアに柚子の香りを引き出す抽出法を確立されました。
柑橘系特有の繊細な香りが絶妙です。
「ふりゆずのイメージで、料理にほんの一滴ほど落としてみてください。オイルから香りが揮発し、柚子の上品でいて鮮明な香りが立ちのぼります」と高橋さん。是非、お試しください。
『柚子あぶら』は楽天サイトと『瓢亭』店舗にて購入可能です。
■ 楽天サイト⇒http://item.rakuten.co.jp/abura-maruhon/10000311/
■『瓢亭』
   京都市左京区南禅寺草川町35
   http://www.hyotei.co.jp/

ウィンドウを閉じる