MENU

*

recipeレシピ

メープルシフォン

メープルシフォン

材料 (直径14cmシフォン型5台分)

  • 卵黄

    115g

  • メープルシュガー

    42g

  • 牛乳

    140g

  • 製菓用太白胡麻油

    140g

  • 卵白

    280g

  • メープルシュガー

    105g

  • 薄力粉

    68g

  • 強力粉

    75g

  • ベーキングパウダー

    3.5g

  • 1.5g

  • メープルリキュール

    11g

  • メープルシュガー(粗粒)

    50g

作り方

  1. 卵黄とメープルシュガーを湯煎にあてて人肌まで温め、リボン状になるまで泡立てる。
  2. 牛乳と太白胡麻油を合わせて70℃くらいまで温める。
  3. 卵白とメープルシュガーを角がしっかりと立つまで泡立てる。
  4. 1に2を加えて泡立て器で混ぜる。
  5. 合わせてふるった粉類を加えて混ぜる。
  6. 5に3のメレンゲの1/3量を入れて泡立て器で混ぜ、メープルリキュールを加える。さらに残りのメレンゲを一度に加えて混ぜ、ある程度混ざったら、ゴムベラに持ちかえて混ぜ、混ざりきる直前に粗粒のメープルシュガーを加える。
  7. シフォン型に200gずつ絞り入れる。
  8. 上火180℃/下火170℃のオーブンで14~15分焼く。
  9. 焼きあがったら、型を逆さにして冷ましてから、型からぬく。

ワンポイント

【澤井さん、なぜ太白胡麻油を使ったの?】
太白胡麻油でつくるシフォンケーキはあっさりしているのに、コクがあります。存在は強くない、でも物足りなさがない、といったらいいと思います。これがサラダ油とは違う点です。実はシフォンがあまりに気に入ったので、ショートケーキなどに使うジェノワーズやロールケーキ生地の配合もすべて太白胡麻油に切りかえました。冷蔵ケースに入れた生地を比べると、バターを使った生地よりも太白胡麻油の生地のほうがふわふわのまま。バターは冷えると凝固するので生地が若干締まりますが、太白胡麻油はもともと液体なので変化がないためです。バターよりもすっと口どけがよく、生クリームやフルーツの繊細な味も引き立ててくれる生地ができました。

このレシピに使われている商品

太白胡麻油を使ったレシピ

太白胡麻油レシピ一覧

このレシピに使われている商品

製菓用太白胡麻油を使ったレシピ

製菓用太白胡麻油レシピ一覧

Recipe

  • 賛否両論 笠原シェフ監修のレシピ公開中!!
  • おすすめレシピ
  • スピーディーレシピ
  • スイーツ・パンレシピ
  • 動画レシピ
  • お料理活用術
  • 世界のプロも認めるごま油
  • 動画ギャラリー
  • よくいただくご質問
  • お問い合わせ
  • 老舗のごま油屋マルホン楽天店
    ※リンクに関しては株式会社アソシエーション(運営代理店)に飛びます。