Recipe 台湾カステラ

台湾カステラ

お気に入りに
追加しました

難易度★★★★☆
30分(焼成時間除く)

※エネルギー・食塩相当量・野菜摂取量は1人分の値

ふわふわボリュームたっぷりで、きめの細かい軽い生地。卵が香る焼きたても格別ですが、ひと晩おいたしっとり感もおすすめ。
製菓・料理研究家「若山曜子」さんレシピ

材料 (20㎝角×高さ7㎝型1台分)

太白胡麻油
60g
薄力粉
90g
牛乳
60㎖
卵黄
6 個分
A 卵白
6 個分
A グラニュー糖
90g

作り方

step 1

オーブンシートを20㎝幅に切って2枚用意し、型に十字に敷く。(若山さんの型は下の写真のようにダンボールをホチキスでとめて手づくりしたもの。火通りがやさしく、湯煎焼きをしなくても適度な湿度を保ちながらしっとりと焼ける。)

step 2

フライパンにお湯を沸かし、大きめのボウルに太白胡麻油を入れて湯煎にかけて60℃にする。

step 3

①を湯煎からはずし、薄力粉をふるい入れて泡立て器で粉気がなくなる程度に混ぜる。

step 4

牛乳は電子レンジで30秒加熱し、卵黄と順にそれぞれ3回くらいに分けて加えながら混ぜる。

step 5

別のボウルでAの卵白を泡立て、白っぽくなったらグラニュー糖を数回に分けて加えながら泡立てる。

step 6

③に④をひとすくい入れて泡立て器でしっかり混ぜ、残りを加えて泡立て器ですくい上げてはトントンと生地を落とすようにしながらさっくり混ぜる。

step 7

最後にゴムベラで底から返すように20 ~30 回混ぜる。

step 8

型に流し入れ、カードでならす。180℃に予熱したオーブン(天板はあれば2 枚重ねる)で10分焼き、170℃に下げて10 分焼き、さらに150℃に下げて20 ~30分焼く。(竹串で中央をさして生地がつかなければ焼きあがり。)オーブンからだし、10㎝ほど上から型ごと一度落として空気を抜き、すぐに型からだして冷ます。

ワンポイント

太白胡麻油が味を支えてくれるので素材の風味が生きた素朴なおいしさに仕上がります。
※市販の型で焼く場合:型の外側をアルミホイルで包み、天板に3㎝ほどお湯を張って170℃で30~40分湯煎焼きする。

このレシピに使われている商品

太白胡麻油
太白胡麻油