​History マルホン胡麻油の歴史

「圧搾製法」にこだわり続けて約300年。
マルホン胡麻油の歴史を紹介します。

1725

享保10年

初代・竹本長三郎が三河国(愛知県)で、当時栽培が盛んだった菜種や綿実の搾油業を興す 当時は竹本製油所

実は明かりのための搾油がルーツ

大福帳

大福帳:江戸~明治時代の顧客データベース

1914

大正3年

現在の愛知県豊川市で為当工場が稼働開始(~1942年まで稼働)

為当工場~1942年 写真

1915

大正4年

ごま油の製造を本格的に開始

電気が普及し、灯明油が不要に。「圧搾製法」
のノウハウを活かして事業転換!!

1923

大正12年

関東大震災前に新工場完成
震災後の混乱の中でも供給を続け顧客の信頼を獲得以降関東にも順調に市場を拡大

1924

大正13年

蒲郡工場が完成
同年の大福帳には「太白胡麻油」の記載

料理人からの要望に応えるためにごま油としては異色の元祖「太白」が生まれたと言われています

◎太白は竹本油脂の登録商標です。

大正13年 大福帳
大正13年 大福帳

1945

昭和20年

終戦の年に「竹本油脂 株式会社」設立

家庭用市場に本格参入
太白胡麻油、極上胡麻油、胡麻のサラダ油

太白胡麻油、極上胡麻油、胡麻のサラダ油

1991

平成3年

ごま油を搾油する亀岩工場が完成
ごま油の製造設備拡張

亀岩工場
極上胡麻油 太白胡麻油

現在、1日に約70tのごま油を製造しています!

1994

平成6年

純正ごま油
発売

純正ごま油

2003

平成15年

亀岩第一充填設備を拡張
生産能力が大幅にアップ

2005年頃から、バター供給不足をきっかけにお菓子・パンづくりのオイルとして太白胡麻油が注目されはじめる

2007

平成19年

太白胡麻油の
300gビン 発売

太白胡麻油の300gビン

2008

平成20年

純正ごま油
ゴールド 発売

純正ごま油ゴールド

製菓用太白胡麻油
発売

製菓用太白胡麻油

2009

平成21年

新JAS法品質表示基準により、極上胡麻油の商品名を現在の「太香胡麻油」に変更

太香胡麻油

◎太香は竹本油脂の登録商標です。

2010

平成22年

モンドセレクション金賞初受賞

モンドセレクション金賞
モンドセレクション金賞

2012

平成24年

亀岩工場がFSSC22000を取得
国際的な食品安全マネジメントシステムの認証スキームにより、世界水準の品質管理で製造

FSSC22000 認証

2014

平成22年

卓上用ごま油(太香) 発売
業界初となる、密封式二重構造ボトルを採用

卓上用ごま油(太香)

亀岩第二工場が完成

亀岩第二工場

2018

平成30年

イスラームの戒律に則って調理・製造された商品であることを証する「ハラール認証」を取得(一部製品)

ハラール認証

ユダヤ教の教義に従った商品であることを証する「コーシャ認証」を取得

コーシャ認証

胡麻油一番搾り
新発売

胡麻油一番搾り

2019

令和元年

1月、亀岩第二充填工場が完成

亀岩第二充填工場

4月、「かけ旨ごま油」マイルド、ワイルド、一番搾り 発売
業界初となる滴下ボトルを採用

「かけ旨ごま油」マイルド、ワイルド、一番搾り

9月、マルホン胡麻油「太白胡麻油」「太香胡麻油」 リニューアル
「圧搾純正胡麻油」「圧搾純正胡麻油 濃口」 発売!

マルホン胡麻油「太白胡麻油」「太香胡麻油」「圧搾純正胡麻油」「圧搾純正胡麻油 濃口」