Hometown ごまの故郷

現在日本で1年間にとれるごまは約100t前後です。
これはマルホン胡麻油の工場では1日ですべて使い切ってしまう量のため、
原料ごまはナイジェリアやタンザニアなどアフリカの国々から輸入をしています。

原料ごま 写真
原料ごま 写真

ごまはアフリカから船にのって
やってきます。

ごまはトレーサビリティがとりにくい農産物といわれていますが、
マルホン胡麻油では定期的な産地調査、第三者機関による残留農薬の検査を行い、
安全・安心で高品質な原料の調達に努めています。

輸入ルート 図
Point 1

流通経路の現地調査

現地調査の写真
現地調査の写真

マルホン胡麻油の社員は世界の主要なごまの産地を訪ね、現地の調査を行ってきました。
現地に赴くことで生産地の管理状況を把握し、安全性を追求しています。

Point 2

トレーサビリティの確立

品質チェック 写真

アフリカ各国は品質チェックや、輸出業者による管理が行き届いています。手書きで項目を記録しているアナログ方式でしたが、流通経路の追跡システムはかなり確立していましたので、きちんと農家や畑まで履歴をたどれます。
また、南米のパラグアイの農産物の安全・安心への取組みは非常に高いレベルを保っています。

Point 3

第三者機関による
残留農薬検査

残留農薬検査イメージ
※イメージです

コンテナ単位で第三者機関による検査を行なっています。
残留農薬の検査項目は約500種類で、厚生労働省が定めるポジティブリストに従い、あらゆる可能性を想定しています。

World 世界のごま事情

世界のごまの生産量推移​

世界のごまの生産量推移​ グラフ

世界のごまの生産割合(国別)

世界のごまの生産割合(国別)​ グラフ

世界のごま輸入割合(国別)​

世界のごま輸入割合(国別)​​ グラフ
マルホン豆知識

ごま油450gのボトルの中には、なんとごま40万粒分の油が詰まっています。