Professionals 世界のプロも認めるごま油

「色も香りもない太白胡麻油はすでに
世界のスタンダードになっています。」

フロリレージュ / 川手寛康

川手寛康 写真

Profile

五感で味わう新時代のフレンチを創り出す予約の取れないレストラン。
2017年版「アジアのベストレストラン50」にも選ばれ、世界の料理人からも注目されるシェフ。

経産牛 じゃがいもパセリオイル

経産牛 じゃがいもパセリオイル

経産牛 じゃがいもパセリオイル

「太白胡麻油は馬力がある油。」

桃の木 / 小林武志

高火力で熱しても馬力が持続する「力の強い油」で、中国料理に最適だと思う。
酸化劣化しにくく、おいしさをキープできる油は太白胡麻油以外には考えられません。

小林武志 写真

Profile

伝統的な中華料理の技法をベースに、素材の持ち味をピュアに生かした「きれいな味がする中華料理」を探求。独自のスタイルを生み出した料理人。

シンプル青菜炒め

小林武志のレシピ

シンプル青菜炒め

シンプル青菜炒め
レシピを見る

「太白胡麻油はお菓子における植物性油脂の可能性を大きく変えてくれた素材です。」

パティシエ エス コヤマ / 小山 進

小山 進 写真

Profile

日本における「ロールケーキ」ブームの火付け役。チョコレートの国際コンクールでは世界最多受賞を記録、世界的なショコラティエとしても活躍する。

シフォンケーキ

小山 進のレシピ

シフォンケーキ

シフォンケーキ
レシピを見る

「太白胡麻油は素材を邪魔せず、
クリアな味に仕上がるので定番です。」

瓢亭 / 髙橋義弘

髙橋義弘 写真

Profile

400年以上の歴史を誇る京都を代表する茶懐石の料亭「瓢亭」十五代目。
伝統に新しい感性を取り入れる気鋭の料理人の一人。

海老と若竹の茶碗蒸し

髙橋義弘のレシピ

海老と若竹の茶碗蒸し

海老と若竹の茶碗蒸し
レシピを見る

「炒め物には太白胡麻油が万能で
うまみも加わる。
マサズキッチンの料理には欠かせません。」

MASA'S KITCHEN / 鯰江真仁

鯰江真仁 写真

Profile

四川料理をはじめ伝統の技法に根ざしつつも、柔軟な解釈で枠にとらわれない新しい中華料理の世界を表現する料理人。

トマトと卵の炒め

鯰江真仁のレシピ

トマトと卵の炒め

トマトと卵の炒め
レシピを見る

「しっとりもちもちした食感が長続きする。
こんなオイルは太白胡麻油をおいて他にありません。」

サ・マーシュ / 西川功晃

西川功晃 写真

Profile

鋭い感性と遊び心から生まれる新しいパンや菓子は常に注目の的に。
国際パンコンクールにも出場する、日本のパン業界を牽引する一人。

お野菜、チーズのガレット

西川功晃のレシピ

お野菜、チーズのガレット

お野菜、チーズのガレット
レシピを見る

「香りのあるなしの違いはありますが、
太白胡麻油も太香胡麻油もとてもピュア。
僕のイタリア料理には欠かせないオイルです。」

アロマフレスカ / 原田慎次

原田慎次 写真

Profile

「東京で最も予約のとれない店」と称される銀座の老舗リストランテ。
素材の醍醐味を大切にし、食材の切り方から温度、接客に至るまで徹底的にこだわる料理人。

イワシのマリネ

原田慎次のレシピ

イワシのマリネ

イワシのマリネ
レシピを見る

「世界のシェフが認めてる。
太白も太香もええオイルや。」

菊乃井 / 村田吉弘

使いやすいことを考えると、太白胡麻油と太香胡麻油は非常に将来性があると思う。

村田吉弘 写真

Profile

料亭「菊乃井」三代目主人。日本料理界のリーダー的存在として業界の発展や後進の育成に尽力。海外への日本料理の普及にも大きく貢献している。

春鱒のコンフィ 胡麻と山葵のソース

春鱒のコンフィ 胡麻と山葵の
ソース

春鱒のコンフィ 胡麻と山葵のソース

「太白胡麻油は日本のオイルの中でナンバーワンのクオリティ」

Nabeno-Ism(ナベノイズム) / 渡辺雄一郎

渡辺雄一郎 写真

Profile

ジョエル・ロブション元総料理長。 「江戸の食文化とフランス料理との融合」をテーマに唯一無二の一皿を生み出す。

フランス流スクランブルエッグ

渡辺雄一郎のレシピ

フランス流スクランブルエッグ

フランス流スクランブルエッグ
レシピを見る