紫芋のシフォンケーキ

紫芋のシフォンケーキ

材料 (直径21cmのシフォン型1台分)

  • A

  •  薄力粉

    120g

  •  ベーキングパウダー

    3g

  • サツマイモ

    100g

  • 紫芋パウダー

    20g

  • レモン汁

    30cc

  • 牛乳

    90g

  • 卵白

    7 個分

  • ひとつまみ

  • グラニュー糖

    70g

  • 卵黄

    4 個分

  • グラニュー糖

    60g

  • 製菓用太白胡麻油

    60g

作り方

  1. Aは合わせてふるう。
  2. サツマイモは5mm角にカットして水にさらし、強火にかけた蒸し器で5分蒸す(少し硬くなるが電子レンジで3分加熱してもOK)。冷ましてから、1の粉少量をまぶす。
  3. 紫芋パウダーにレモン汁を加えて混ぜてから、温めた牛乳と混ぜる。紫芋パウダーにレモン汁を加えると真っ赤になる。
  4. 卵白と塩をハンドミキサーで泡立てはじめ、途中でグラニュー糖を2、3 回に分けて加えて角が立つまでしっかり泡立てる。
  5. 別のボウルで卵黄とグラニュー糖をハンドミキサーで白っぽくとろりとするまで泡立てる。
  6. 5に3を加えてゴムベラで混ぜ、太白胡麻油を少しずつ加えながら混ぜる。1の粉類を一度に加えて混ぜる。
  7. 4のメレンゲを3回に分けて加え、気泡をつぶさないように底から返すように混ぜる。3回めに2のサツマイモも一緒に加える。
  8. 型に流し入れる。170℃のオーブンで25分焼き、150℃に下げてさらに約5分焼く。
  9. 型をビンなどの上に逆さまにのせて完全に冷ます。パレットナイフで型の側面と中心を切り離してとりだす。

ワンポイント

【ごま ◎ ワンポイント】
シフォンケーキは溶かしバターではなく、オイルでつくるのが特徴。バターは常温まで冷めると固まるので、生地が少し締まりますが、オイルはもともと液体なので、冷めても翌日でもふわふわと軽いままなのです。サラダ油を使う人も多いでしょうが、一度太白胡麻油でつくってみてください。ごまを生搾りしたオイルなので、ごまからイメージする香ばしい香りはせず、不思議に味わいが増すのです。

【ベジ ◎ ワンポイント】
手軽に使えて色鮮やかに仕上がる野菜パウダーをスイーツに使いました。1 月から2 月にかけてが最旬のサツマイモを入れて、色もきれいに焼きあげます。野菜は皮と実の間が一番おいしくて栄養も詰まっているので、サツマイモは皮をむきません。今回は“おイモ”つながりで紫芋パウダーを使いましたが、ホウレン草やカボチャ、ニンジンパウダーなどでも同量で置き換えてつくれます。

レシピ

  • 新着レシピ
  • スピーディーレシピ
  • スイーツ・パンレシピ
レシピ検索
ジャンル
製品別 先生・シェフ 材料・キーワードを入力

  • お料理活用術
  • 世界のプロも認めるごま油
  • ごま油の四季 電子版
  • マルホンタイムズ 電子版
  • 動画ギャラリー
  • よくいただくご質問
  • お問い合わせ
  • 香りのグラデーション
  • 老舗のごま油屋マルホン楽天店